スポンサーサイト

  • 2015.02.04 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    呼吸エクササイズ

    • 2015.03.11 Wednesday
    • 09:00
    呼吸の仕方で体を支えるお腹の筋肉を鍛えることができます♪

    お腹の筋肉がしっかりしてくると、腰痛が緩和されたり、疲れにくくなったりと嬉しい効果がたくさんです。

    場所も時間も選びませんので、ぜひチャレンジしてみてください(^^)

    また、動画で紹介している呼吸法と反対のバージョンも「あり」です。
    (お腹を膨らましてキープになります。)

    頑張って深い呼吸をし続けると気分が悪くなることがあります。

    何事も徐々に継続していきましょうね(^^)




     

    お布団の中で簡単ストレッチ

    • 2015.03.04 Wednesday
    • 09:00
    ストレッチはしなきゃと思ってるけど時間が…

    やる気が…

    スペースが…


    などなど、やれない(やらない)理由は沢山ありますよね(笑)

    そんな方でも、たまにはお布団の中で背伸びをすることがあると思います(^^)

    実は、その時にちょっとだけ角度を変えるだけで立派なストレッチになるんです♪(しかも楽チン♪)

    記憶の片隅に置いて頂けると嬉しいなと思います(^^)



     

    普段のストレッチをより効果的に行うちょっとしたポイント

    • 2015.02.25 Wednesday
    • 09:00
    前回に引き続き、ちょっとしたポイントのご紹介です。

    ほんのちょっとの動作に変化をつけるだけで、伸びる筋肉が変わります。

    「痛い!」と思う動作は、逆に筋肉を硬くしてしまうので「痛気持ちいいな〜」くらいの動作を死守してください(^^)

    わかりづらい時は、ご来店時にお気軽にお声掛けください☆



     

    普段のストレッチをより効果的に行うちょっとしたポイント

    • 2015.02.18 Wednesday
    • 09:00
    お風呂上りにストレッチ♪

    すっかり習慣になっていらっしゃることと思います(^^)

    本日は、いつもの動作にちょっとした変化を加えることで、より効果的なストレッチになるポイントのご紹介です。

    とっても簡単で気持ちいいので、ぜひ試してみてくださいね(^^)

    腰に持病をお持ちの方は無理に頑張ると危険です(> <)

    お体の状態に合わせて、無理のない範囲でお願いします。



     

     太もも外側のストレッチ

    • 2015.02.11 Wednesday
    • 10:00
    太もも外側をストレッチするとか…考えたことないですよね(^^)笑

    だけど、加齢と共にガチガチになって痛みを感じるケースも少なくないんです(> <)

    このストレッチをしていたら大丈夫!!…と、までは言えませんが

    やらないよりは絶対にやった方が良いですよね(^^)

    なかなか感じることのない痛みというか、感触が得られる本日のストレッチです。

    ぜひお試しくださいね♪




     

    背中のストレッチ

    • 2015.02.03 Tuesday
    • 23:43
    肩甲骨を外してゴリゴリしたい時ってありますよね。

    そんな時にお薦めのストレッチです(^^)

    慣れると椅子の上などでも出来ますが、動作になれるまでは安全な場所で行ってくださいね(^^)







     

    お尻のストレッチ

    • 2015.01.21 Wednesday
    • 10:59
    本日はお尻のストレッチです。

    これもまた、簡単に隙間時間でできちゃう優れものです(^^)

    その上、たまらなく気持ちいいときたら…

    やらない訳にはいかないでしょ(^v^)笑



    お尻が硬いと下半身の「だるさ」や「冷え」、「各関節の痛み」にまで繋がるリスクがあります。

    隙間時間を有効に活用して笑顔溢れる毎日をお過ごしくださいね(*^_^*)

     

    体側のストレッチ

    • 2015.01.21 Wednesday
    • 09:00
    普段の生活の中で、体の横側って…完全ノーマークですよね(笑)

    でも実は、この部分を伸ばすと上半身の動きが軽やかになりますよ〜♪

    腰に異常がある方は絶対に無理をしないでくださいね(^^)



    日常のちょっとした「空き時間」や、

    何かを「しながら」の時間を利用してできる簡単ストレッチを紹介しています♪

    これから回を重ねていくうちに、少しずつ高度なストレッチに移行していきます。

    そのころにはきっと、皆さんの体はビックリするほど柔らかくなっていらっしゃることだと思います^m^

    ちょっとした気掛けで皆さまの不調が少しでも減りますように♪
     

    ふくらはぎのストレッチ

    • 2015.01.14 Wednesday
    • 09:00
    「ふくらはぎを揉むと健康に良い」という言葉が、巷に随分浸透しているようですね(^^)

    中には実践して効果を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか(^^)


    ふくらはぎは、つま先立ち、地面を蹴って前へ進む、姿勢を保つ等の動作において活躍します。

    働き者のふくらはぎは頻繁に緊張状態を強いられるのですが、なかなかリラックスさせてもらえません。

    そんな状態のふくらはぎを、頑張ってモミモミするのも悪い訳ではないですが、

    より良いのはふくらはぎの柔軟性が確保されている状態でモミモミするのが一番良いですよね(^^)


    本日はふくらはぎの簡単ストレッチをご紹介します♪



    ちょっとした気掛けが大きな差となります(^^)

    私ももっと気掛けないといけません(^_^;)

    皆さんと一緒に頑張ります♪



     

    太もも内側のストレッチ

    • 2015.01.06 Tuesday
    • 00:57


    通常、多くの筋肉には拮抗筋があり、収縮する筋肉の反対側で伸長する筋肉が存在します。

    腹筋をする時、お腹の筋肉が硬くなりますよね。

    でも反対側の背中の筋肉は引っ張られて伸びています。

    これが拮抗筋なんです。(ある部位の筋肉の名前ではないのです)


    この説明から日常の動作をする中で、筋肉は縮んだり、伸ばされたりしていることが分かると思います。


    しかし、拮抗しにくい場所も存在するんです。

    その一つが…

    『太ももの内側』(^_^;)


    太もも内側の筋肉は内転筋群と呼ばれ、5つの筋肉で構成されています。

    「内転」という言葉通り、下肢を体の中心部方向へ動かしたり、内側に回したりします。

    この筋肉が伸ばされるには、下肢を体の真横側に開いたり、外側に回したりする動作が必要です。

    ところが、スポーツをしない方にとって、このような動作を行うことは殆どありませんよね(>_<)


    立位姿勢の保持に始まり、日常の殆どの動作に関わる筋肉群であるにも関わらず、伸ばされる機会が少ない内転筋群は年中収縮しっぱなし(>_<)

    筋肉の柔軟性は全くなくなり、骨や関節への負担がジワジワと増え始めます。

    股関節の可動域が狭くなって痛みが出てきたり、骨盤がずれたり、歪んだり。

    筋肉の収縮と伸長運動が極めて少なくなるため、血液やリンパの流れが滞り気味になることもあります。

    その結果、冷えやすくなったり、むくみの原因になったり…と、良い事は一つもありません(>_<)


    また、スポーツ愛好家にとって内転筋群はパフォーマンスを最大に発揮する要です。


    以上の説明で、とっても大事な筋肉群であるということはご理解頂けたでしょうか(^^)

    大事な内転筋群の簡単ストレッチを動画で紹介しています↓

    簡単すぎて叱られそうなくらい簡単ですw

    ちなみに本日は髪が跳ねております(^_^;)

    悪しからず(笑)